南森町・尼崎のデンタルクリニック[医療法人社団中井歯科医院] - 歯科 歯医者 矯正歯科 かみ合わせ

噛み合わせ治療

TOP » かみ合わせ治療

かみ合わせと全身の健康の関係

かみ合わせと全身の健康の関係

頭痛、腰痛(坐骨神経痛、椎間板ヘルニアetc)肩こり、首こり、手足のしびれ、高血圧、リウマチ、アトピー性皮膚炎などで医科で検査、治療したにもかかわらず、治癒しないもしくは、完治しない場合、歯科のかみ合わせが関与している可能性が高いと考えられます。
かみ合わせと全身の姿勢、身体のゆがみは相互に関係しています。かみ合わせの異常は、全身の筋肉や骨に影響を及ぼします。かみ合わせのずれは、背骨のゆがみを引き起こします。背骨がゆがむと脊髄に障害が出て、神経やホルモンの異常も出てきます。
手足のしびれ、めまい、耳鳴り、腰痛、肩こりといった不定愁訴は背骨の曲がりから来ていることが多いのです。かみ合わせの調整をすることで、背骨と腰のゆがみ改善することが出来ます。背骨と腰のゆがみがとれると、血液や体液の循環が良くなり、自然治癒力が高まり、不定愁訴がとれていきます。
これらの症状にお困りの方は、一度かみ合わせの検査と調整を試してみられることをおすすめします。

顎関節とは?

口を開けるのがつらい、くいしばりや歯ぎしりがある、口を開けるとカックンと音がするといった症状はありませんか。
このような症状がある場合、顎関節症が疑われます。
顎関節症とはかみ合わせ及び顎の動きの不具合などから起きる、顎の違和感・顎関節の痛み・口元のけだるさ・肩こり・頭痛などの症状のことを言います。

顎関節症の原因

  • ・噛合せの不具合
  • ・歯ぎしり
  • ・顎に強い衝撃を与えた
  • ・ストレス

Page Top

検査の流れ

STEP1.顔写真撮影
  • 顔写真撮影
  • 顔写真撮影
STEP2.口腔内写真撮影

STEP3.歯の型取り
歯の型取り
STEP4.顎の位置の確認、咬合器付着、レントゲン(4から5種類)、歯や骨、顎全体、むし歯や歯周病の確認、顔の骨格 正面・側面、顎の関節
  • 顎の位置の確認、咬合器付着、レントゲン(4から5種類)、歯や骨、顎全体、むし歯や歯周病の確認、顔の骨格 正面・側面、顎の関節
  • 顎の位置の確認、咬合器付着、レントゲン(4から5種類)、歯や骨、顎全体、むし歯や歯周病の確認、顔の骨格 正面・側面、顎の関節

顔の骨格の中で、歯がどこに位置しているかを計測し、とった歯の型を咬合器という機械につけます。これにより、かみ合わせの状態・歯の位置・バランスを調べることが出来ます。

顎の位置の確認、咬合器付着、レントゲン(4から5種類)、歯や骨、顎全体、むし歯や歯周病の確認、顔の骨格 正面・側面、顎の関節

これらのレントゲンで、むし歯や歯周病、また歯や骨に問題があるかを調べます。


顔の骨格のレントゲンとその分析

  • 正面
    正面
  • 側面
    側面

頭の骨の中でどこに歯がついているか、顎の曲がりがあるか、などを詳細に分析していきます。


STEP5.歯周病の検査

現在の歯周病の進行の程度を調べます。

STEP6.カリエスリスクテスト

目に見えないむし歯に対するリスクを、むし歯に対する抵抗力・お口の中のむし歯の原因菌の数を調べることにより、科学的に判定します。あなたにあった予防プログラムを作ります。

STEP7.筋触診

筋肉の緊張や左右差や痛みの程度を調べます。

STEP8.かみ合わせ、顎の関節の動きの検査 アキシオグラフ
  • かみ合わせ、顎の関節の動きの検査 アキシオグラフ
  • かみ合わせ、顎の関節の動きの検査 アキシオグラフ

これは、オーストリア咬合学の権威であるスラビチェック教授が開発した、顎の動きやかみ合わせを検査するシステムです。口の中の病気の原因として、細菌とかみ合わせが非常に重要だということが分かっています。このシステムを使うことで、重要なかみ合わせを調べることが出来ます。顎関節症や顎の痛み・身体のしびれ・肩のこりなど、かみ合わせが問題で身体のバランスが崩れてしまっている場合や、かみ合わせを大きく変える矯正治療やインプラント治療などを行う時に行います。
このシステムは、非常に高度な技術が必要なため、一般の歯科医院では行うことが出来ません。


治療方法

精密検査の結果、かみ合わせが原因と考えられる場合は、顎の関節の位置・かみ合わせの高さなどを、決定するためのマウスピース(スプリント)を作成します。このマウスピースを食事以外の時に使用して頂き、最低2週間経過を観察します。その後、かみ合わせの位置を確認するため、再検査をします。
かみ合わせの状態が改善され、身体の症状が緩和または、顎の動きがスムースになってきたら、かみ合わせのチェックをし、歯がぶつかってしまい邪魔になっている部分の調整をします。
その状態で、問題なく経過すれば、定期的な検診となります。
改善しない、もしくは今の状態を維持するための治療が必要になることがあります。このような場合、矯正治療やかぶせ物の治療に移行します。
最終的には、改善されたかみ合わせを維持するために定期検診をし、健康な状態を維持します。

Page Top

  • 塚口医院 ネット予約24時間受付中
  • 南森町医院 ネット予約24時間受付中

医院紹介

塚口医院

休診日 / 日・水

塚口医院の紹介はこちら

南森町医院

休診日 / 日・木

南森町医院の紹介はこちら

Mobile Site

QRコード

出先で住所を知りたい時、お電話でのお問い合わせなど、ブックマークして頂くと便利です。